瀬戸内

瀬戸内アートの島:出発前に知っておくべき情報

 

shodoshima1

 

瀬戸内の島にはじめて行ってきました。

きれいな景色とアート鑑賞もできて、想像以上に良かったです。
和風建築も見どころですね。

時間が限られていたので主要な所しか行けなかったのですが、
行ったところや瀬戸内の旅の情報をまとめてみました!

 

関東から瀬戸内方面への行き方

関東から瀬戸内方面への行き方になります。

方法として:

  • 飛行機
  • 電車
  • バス(夜間バス)

があります。

私は今回電車を選択して、東京駅から岡山へ新幹線でいき、
瀬戸内大橋線快速マリンライナーへ乗り換えて高松へ行きました。

岡山から高松へ行く途中、電車から瀬戸内の海と島が見えてきれいで感激です。
こちらもおすすめです!

 

往復のJRと宿泊がセットになった「JRセットプラン」があります。


飛行機や高速バスの予約はこちら
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

 

 

秋シーズンの瀬戸内の島

秋シーズン(10月初め頃の3日間)に行きました。
ちょうど「瀬戸内国際芸術祭2019」が開催されていたので見ることができました。

芸術祭がやってないときも、鑑賞可能な作品があるとのこと。
ギャラリーの監視員さん曰く、閉幕後に見られるところがあったり、
込み合ってないのでゆっくり見られる冬もおすすめだそうです。

2019年の秋は、ちょっと暑いくらいで、天気も良くていい時期に来たと思いました。

 

アートが見られる瀬戸内の12島

瀬戸内マップ1

瀬戸内芸術祭が開催されているのは、東と西合わせて12島もあるそうです。
西側は秋会期から見られたのですが、時間がなくて行けなかったのが残念です。

(東の7島)

  • 直島
  • 豊島
  • 小豆島
  • 犬島
  • 男木島
  • 女木島
  • 大島

(西の5島)

  • 佐柳島
  • 高見島
  • 粟島
  • 志々島
  • 牛島

限られた日数で全部は見られないので、ガイドブックを買って見たい作品があるところに絞りました。
あきらめた場所がいくつかありましたが、見たい所は大体まわれて満足です。(あともう少しゆっくり見たかったですが)

フェリーや高速船の時間は決まっているので、いちどにたくさん予定を組まないほうが良いです。

 

瀬戸内の島めぐり3日間の日程

私が3日間でまわった一例になります。

1日目:小豆島

けっこう広いのでレンタカーでまわりました。
ナビ付きですが道に迷い行けない所あり残念です。

 

2日目:直島

レンタサイクル(電動式)で見てまわりました。
バスと徒歩も可能ですが、自転車の方が便利です。
1日で見て回れる大きさです。
半日だと全部は見られないと思います。

 

3日目:犬島(午前中)、豊島(午後)

小さめの犬島は徒歩でまわり、少し大きい豊島はバスと徒歩でした。
ちょっと忙しいスケジュールでした。

 

 

瀬戸内の島に行く方法:交通手段

  • フェリー
  • 高速船

高速船はフェリーより速いですが、料金が高くなります。
フェリーは芸術祭開催中は「3日間乗り放題チケット」を購入すると、交通費を節約できました。

高速船しかない島もあります。(犬島など)

 

瀬戸内の島近辺の宿泊タイプ

宿泊タイプは2つあります。

  • 島の民宿に泊まる
  • ホテルに泊まる

民泊を希望していたのですが、予約が遅くて取れなかったので、
私は高松港の近くのビジネスホテルに泊まりました。

朝食のバイキングが美味しかったのが良かったです。
洗濯もコインランドリーでできました。

高松港は、島へのフェリーがたくさん出ているので、結構便利でした。
民泊でない場合は、ビジネスホテルもおすすめです。

 

私はこちらでビジネスホテルを探して予約しました。


ホテルの情報はこちら
【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

 

 

瀬戸内の旅で便利だと思ったもの

便利だったものです。

  • ガイドブック:
    「瀬戸内国際芸術祭2019」(このガイドブックは持って歩くのに重かったです。)
    「瀬戸の島あるき―地図で旅する香川沖26島」
    を購入して読んでから行きました。
  • 携帯:道に迷ったときありがたかった。
  • 現金:現金でしか払えないところがありました。(例:小豆島のレンタカーなど)
  • レンタサイクル:(直島)こまごまとした道や坂道を登るとき助かりました。

 

瀬戸内アートの島:出発前に知っておくべき情報
まとめ

 

  1. 関東から瀬戸内方面への行き方
  2. 秋シーズンの瀬戸内の島
  3. アートが見られる瀬戸内の12島
  4. 瀬戸内の島めぐり3日の日程
  5. 瀬戸内の島に行く方法:交通手段
  6. 瀬戸内の島近辺の宿泊タイプ
  7. 瀬戸内の旅で便利だと思ったもの
  8. 瀬戸内アートの島:出発前に知っておくべき情報 まとめ

 

瀬戸内の島は見るところがたくさんあって、日にちが限られている方は、お目当てのものを見逃さないようにまわるルートなどを決めておくと良いと思いました。

 

以上、瀬戸内アートの島:出発前に知っておくべき情報でした。