絵本

【しかけ絵本】しかけのタイプ別!おすすめ10選

eyechatch_ch_popup_1

しかけ絵本は世界中で作られていて、しかけの種類もいろいろあります。

それぞれアイデアを凝らして作ってあってすばらしいです。

凝ったしかけの本は飾っておきたくなるくらいです。

 

たくさんあるしかけ絵本ですが、よく見かけるタイプ別におすすめのものを10冊選んでみました。

何かのご参考になれば幸いです。

 

 

しかけ絵本の種類

 

めくりしかけ絵本 紙のパーツや折れている部分を、指でつまんであけるしかけです。
とびだすしかけ絵本 ページを開くと中のキャラクターや、ものや、建物などが
立体的にとびだす絵本です。
穴あきしかけ絵本 ページのいちぶぶんや、いくつかの場所に穴があいていて、
次のページの絵柄が見えるしかけです。
穴は、まるだけでなく、いろんな形があります。
スライド切り替え
しかけ絵本
ゆびでスライドすると、ページの紙がカットされている部分に
別の紙がスライドして、色がつくので、ものが現れたようにみえるしかけです。
パッチンしかけ絵本 ページのいちぶぶんを引っ張ると、下の絵が見えて、
見えなかったものが現れるしかけです。

 

 

めくりしかけ絵本1:”おとどけものです。”


作・絵:ロッド・キャンベル  翻訳:きたむら まさお

 

動物園にペットを送ってくださいと頼んだら、動物が箱に入って送られてきます。

箱を開けると中の動物が見られるめくりしかけ絵本です。

ゾウやきりんやライオンなどのいろんな動物が出てきて、シンプルで楽しい絵本です。

英語版も英語で動物の名前をおぼえるのにおすすめです。

Target age

0歳から4歳くらいのお子さんにおすすめです。

 

めくりしかけ絵本2:”コロちゃんはどこ?”


“作・絵:エリック・ヒル  翻訳:まつかわ まゆみ

 

「コロちゃんはどこ?」と家のどこかに隠れているスポットを、フリップをあけながら探す絵本です。

フリップを開けたときに隠れているのを見るのも面白いです。

とてもシンプルな絵本で、フリップ式しかけ絵本の最高傑作のひとつとのことです。

コロちゃんは見つけるまで出てきませんが、お母さんとそっくりなのがヒントで、コロちゃんはお母さんを小さくしただけなのがかわいかったです。

英語版の「Where’s Spot?」も家の中のものの英語を覚えるのにおすすめです。

Target age

0歳から4歳くらいのお子さんにおすすめです。

 

 

めくりしかけ絵本3:”おやさいどうぞ”


作:きのした けい  絵:阿部 真由美

 

ジャガイモや人参などの皮をむいたり、切ったりしてカレーと野菜サラダができます。

文章も「じゃがいもを しゅり しゅり」「さくさく とんとん」などリズムがあって楽しいです。

野菜の絵をめくると、皮をむいたところや、葉っぱをはがしたところなどが見られます。

料理をしている気分になれる絵本です。おもしろいと思いました。

リアルでやさしい感じの絵柄です。

Target age

1歳くらいからのお子さんにおすすめです。

 

 

とびだすしかけ絵本1:”とびだす!はたらくくるま”


作・絵:さくらい ひろし

 

工事現場の乗りものの擬人化の絵本です。ショベルカー、ブルドーザー、ホイールローラー(これは初めて知りました)、
ダンプカー、クレーン車などが出てきます。

くるまの機械の部分が飛び出して動いたりするので、迫力があります。

ダンプが土砂をおろすところなど、おもしろいと思いました。

最後に大きなビルができますが、小さな本なのにけっこう大きくなりびっくりしました。

絵がシンプルではっきりしていて分かりやすいです。ボードブックでしっかりしています。

乗り物好きのお子さんにおすすめです。

Target age

1歳くらいから。取扱い年齢:幼児。

 

 

とびだすしかけ絵本2:”とびだす! はらぺこあおむし (POP‐UP BOOK)”


作・絵:エリック・カール 翻訳:もり ひさし

 

本を開くと葉っぱがとびだしたり、あおむしが動いたり、果物がとびだしたりします。

通常の「はらぺこあおむし」の本より、ダイナミックな感じです。立体的になるので、

また違った雰囲気です。 カラフルな絵柄できれいですね。

最後はおおきな美しい蝶になりますが、はねをぱたぱたできるのも楽しいです。

Target age

2歳くらいからおすすめです。

 

 

とびだすしかけ絵本3:”不思議の国のアリス”


原作:ルイス・キャロル  作:ロバート・サブダ

 

ロバート・サブダさんのしかけ絵本はとにかく凝っています。とびだしがすごいです。

開くと「わあ!」と驚きがあります。

脇に紙が折ってあるところにストーリーが書いてあって、そこにもしかけがあったり、
伸ばしてのぞき込むと上から下まで本棚と本が見えたりします。

とびだすだけでなく、動いたりもします。制作に時間がかかるだろうと思いました。

最後のトランプのシーンもかなりすごいしかけです。

大人も楽しめるしかけ絵本だと思います。

Target age

4歳くらいからにおすすめです。

 

 

穴あきしかけ絵本1:”しろくまのパンツ”


作・絵:tupera tupera

 

絵本じたいが、赤いパンツをはいていて、読むにはまず赤いパンツをぬいでからという
おもしろい絵本です。

しろくまさんが、パンツをなくしてしまって、ねずみくんと一緒にさがすおはなしですが、
最後のおちが笑えます。

ページがパンツの形にカットされているしかけ絵本です。ページをめくると誰のパンツか分かります。
家族みんなで楽しめる絵本だと思います。

Target age

1歳からのお子さんにおすすめです。

 

 

穴あきしかけ絵本2:”でんしゃでいこうでんしゃでかえろう”

作・絵:間瀬 なおかた

 

電車が山の駅から出発して、トンネルをぬけるごとに景色がかわります。トンネルに穴あきしかけがあって、
次の風景がみえたり、まえの風景がみえたりします。

山の景色、海の景色、菜の花畑など超えて行きますが、風景の絵が細かくてとてもきれいです。

目的地の海の駅についたら、本を逆に読んでいくと、今度は出発地だった山の駅に電車に乗って帰れます。

まるで本当に電車に乗っていろんなところへ行った気分になれておもしろいです。

Target age

2歳から4歳くらいのお子さんにおすすめです。

 

 

スライド切り替えしかけ絵本:”あおいよるのゆめ” (ちいさなゆびでスライド切り替え)


作・絵:ガブリエーレ・クリーマ  訳:さとう ななこ

 

ちいさなゆびで何ができるかな?という絵本です。 ゆびでスライドすると、夜空に星がでたり、
チューリップの花をたくさん咲かせたり、お家の上に虹がでたり、ベッドにいる子を眠らせたり、起こしたりなどできます。

ゆびをスライドさせるだけでできるので、小さいお子さんも楽しめると思います。

イタリアの絵本で、とてもかわいらしい絵本です。

Target age

0歳から2歳くらいのお子さんにおすすめです。

 

 

パッチンしかけ絵本:”おいしいな!” (きむら ゆういちのパッチン絵本)


作:きむら ゆういち

 

くまくんがおべんとうを持ってみんなでピクニックに行きます。
お友達にお弁当をわけてあげるのです。
たくさんあげてしまって、くまくんのぶんがなくなっちゃったかと心配するのですが、
大丈夫だったというおはなしです。

絵本は横からめくるのでなく、下からめくるタイプです。
ページはスライド式で引っ張るとお弁当が見えたり、食べているものが見えたりします。
おもちゃで遊ぶような感覚で絵本が読めます。
カラフルな色で楽しい絵本です。

Target age

0歳からのお子さんにおすすめです。

 

 

まとめ:おすすめタイプ別のしかけ絵本

 

  1. めくりしかけ絵本1:”おとどけものです。”
  2. めくりしかけ絵本2:”コロちゃんはどこ?”
  3. めくりしかけ絵本3:”おやさいどうぞ”
  4. とびだすしかけ絵本1:”とびだす!はたらくくるま”
  5. とびだすしかけ絵本2:”とびだす! はらぺこあおむし (POP‐UP BOOK)”
  6. とびだすしかけ絵本3:”不思議の国のアリス”
  7. 穴あきしかけ絵本1:”しろくまのパンツ”
  8. 穴あきしかけ絵本2:”でんしゃでいこうでんしゃでかえろう”
  9. スライド切り替えしかけ絵本:”あおいよるのゆめ” (ちいさなゆびでスライド切り替え)
  10. パッチンしかけ絵本:”おいしいな!” (きむら ゆういちのパッチン絵本)

 

 

赤ちゃん用もあるしかけ絵本は子どもの知育だけでなく、大人も楽しめるペーパーメカニカルなものもたくさんあります。

プレゼントや出産のお祝いにも最適です。

ぜひしかけ絵本を楽しんでみてください。

 

以上、【しかけ絵本】しかけのタイプ別!おすすめ10選の情報でした。