デザインの本

Webデザイン:HTMLとCSS初心者が読むと良い本5選

korekara1

 

初心者のためのHTMLとCSSの本はたくさんあって迷ってしまいますね。

WEBデザインの本はカラーで見やすいですが、高価だったりします。

やっぱり難しすぎたなど、途中で読むのをやめてしまったりしたこともあります。

 

HTMLとCSSの超初心者の私が使って良かった本をいくつか選びました。

 

この記事では、HTMLとCSSの超初級から初級くらいの方におすすめの本を紹介します。

 

おすすめ1:
プログラミング初心者用 基礎が学べる本

「デザインの学校 これからはじめるHTML&CSSの本」
という本です。

HEADタグ、METAタグ、DOCTYPE宣言の書き方のような、
はじめたばかりの初心者が知りたかったことがていねいに説明されていて、
この本はいい!と思いました。

いちばん最初に読むのによい本だと思います。本当に最初の基本が学べます。

文字も大きいので読みやすかったです。

また、チャプターごとに練習問題もついているので、
覚えたかどうか確認するのにいいです。

この本を読んでから、他の本を読んだら理解度があがりました。

大変おすすめの本です!

 

おすすめ2:
HTMLとCSS初心者用 WEBサイトづくりと意味を理解できる本

「作りながら学ぶHTML/CSSの教科書」
という本です。


読みながら作っていくと、おしゃれなカフェのWEBサイトができるようになります。

なぜこれを行っているのか?の説明がされているので、
「なるほどこういうことか」と思いながら読んでいけます。

途中難しくなったところで、一回道に迷ってしまいましたが、
読み直したりして最後にはWEBサイトが完成しました。

ただ、この本は「クラス名」が長かったので、
自分は間違えやすいので短く書くことにしました。

jQueryを使った写真のスライドや、Googleマップの埋め込みもできます。

私のような超初心者でもつくれたので、かなり良くできた本だと思います。

 

 

おすすめ3:
HTMLとCSS初心者用 CSSグリッドレイアウトが学べる本

エビスコムの
「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」
という本です。

CSSのグリッドレイアウトが学べます。

本に沿って作っていったら、シンプルでおしゃれなWEBサイトになります。

サンプルの写真なども見かけが良いと思いました。

グリッドを活用したレイアウトの考え方が、写真と図がたくさん載ってるので、
複雑なところも比較的分かりやすかったです。

いままでのFLOATを使ったものが苦手な私は、グリッドの方が作りやすいと思いました。

アイコンフォントの利用の仕方、記事のデザインアレンジも少し載ってます。

モバイルファーストで作っていって、レスポンシブにする方法が学べるので、
そこがとても役立ちました。

 

 

おすすめ4:
HTMLとCSS初心者用 フレキシブルボックスが学べる本

同じくエビスコムの
「フレキシブルボックスで作るHTML5&CSS3レッスンブック」
という本です。

「CSSグリッドで作るHTML5&CSS3レッスンブック」が良かったので、
フレキシブルボックスはどうだろう?と思って買ってみました。

結果、グリッドよりもボックスで考えられるので、分かりやすかったのですが、
WEBデザインをするには、グリッドの方が色々応用がきいてやりやすいのかも
とも思いました。

フレキシブルボックスも、モバイルファーストで
本に沿って、作っていくとやはりかっこいいWEBサイトができあがります。

デザインアレンジも少し載ってます。

レスポンシブにする方法も学べます。

 

 

おすすめ5:
HTMLとCSS初心者用 いろんなWEBデザインレイアウトが学べる本

「HTML5/CSS3モダンコーディング
フロントエンドエンジニアが教える3つの本格レイアウト
スタンダード・グリッド・シングルページレイアウトの作り方」
という本です。

3種類のサイトを作る方法が学べます。

スタンダードレイアウト、グリッドレイアウト、シングルページレイアウトです。

スタンダードレイアウトは、
ヘッダー、フッター、サイドメニュー、メイン領域からなるレイアウトで、
情報量の多いサイトに向いたレイアウトです。ショッピングサイト、コーポレートサイト、ブログなど。

グリッドレイアウトは、マガジンのように多数のボックスがならんでいるレイアウトで、
ネットショップやレシピサイトに適しているようです。
(CSSグリッドレイアウトのやり方ではないです。)

シングルページレイアウトは、
LP、キャンペーンサイト、ポートフォリオサイトなどに向いているレイアウトです。
シンプルに1枚のページをスクロールして見ていくタイプです。

章ごとの最後に「セルフコーディングにチャレンジ」というのがあります。

初心者に向いているとのことで購入したのですが、私は超初心者だったので、
全部はできず、いくつかレイアウトを選んで勉強することにしました。

でも3つのレイアウトのやり方がシンプルにまとめられていて分かりやすいです。

 

 

HTMLとCSS初心者におすすめの本:まとめ

 

  1. おすすめ1:プログラミング初心者用 基礎が学べる本
  2. おすすめ2:HTMLとCSS初心者用 WEBサイトづくりと意味を理解できる本
  3. おすすめ3:HTMLとCSS初心者用 CSSグリッドレイアウトが学べる本
  4. おすすめ4:HTMLとCSS初心者用 フレキシブルボックスが学べる本
  5. おすすめ5:HTMLとCSS初心者用 いろんなレイアウトが学べる本
  6. HTMLとCSS初心者におすすめの本:まとめ

 

以上、Webデザイン:HTMLとCSS初心者が読むと良い本5選の情報でした。