画材

【おすすめ色鉛筆】サンフォードプリズマカラー132色を使ってみた

prisma3

サンフォードのプリズマカラー132色の色鉛筆セットの使い心地についてです。

前から気になっていた SANFORDプリズマカラー132色セット を思い切って買いました。


150色とけっこう迷って132色の方にしたのですが、この色数くらいで私にはちょうど良い感じです。(150色使いこなせないだろうと。)

132色もあるとわくわくしますね。^^
開けて広げて眺めてるだけでも楽しいです。

この記事ではサンフォードプリズマカラー132色を使ってみた感じについてになります。

 

サンフォードプリズマカラー132色の見かけのチェック(入れ物や鉛筆のキズなど)

色鉛筆の入れ物が缶製なのですが、少しへこんでいるところがありました。
写真では結構へこんでみえますが、出し入れには問題がないのでまあいいだろうという感じです。

prisma6  prisma7

1本芯が欠けているのがありました。もっとかけているかと思っていたので、1本だけだったのですごいと思ってしまいました。(なのでこれもそんなに気になりませんでした)

prisma5

缶の底や、色鉛筆レイヤーに鉛筆の粉(?)が落ちてるけど、これは許せる範囲です。

色のチャートをつくったのですが、色かぶりはなかったです。心配していたのですがほっとしました。

 

サンフォードプリズマカラー132色を使ってみた感じ

画用紙にかいたら思ったよりカサカサした感じがしましたが、すべすべの紙だともっとねっとりした感じ(?)がしました。

色を重ねると後から塗った方が勝つ感じです。そういう色鉛筆を探していたので良かったです。
少し外国のはっきりした色味の感じがしました。

 

 

サンフォードプリズマカラー132色のカラーチャート

カラーチャートをつくってみたのですが、こんなかんじです。

prisma colour8

色が近いものがいくつかありました。

 

サンフォードプリズマカラー132色の
良い点といまいちの点

入れ物の缶が四角いビスケットの缶みたいでいい感じです。

prisma1

中に6レイヤーでしまえるのでコンパクトに収納できていいですね。
使うときも、使う分だけ広げてできるので私は結構便利だと思いました。

一番上のレイヤーが8本分くらい開いているので、そこに使用中の色鉛筆を置いたりできて便利です。
1つのレイヤーが24本ずつで6レイヤーあります。

よく使うグレー系、茶色系も結構あるので助かると思いました。

私はナイフで削りたいのですが削りににくく、木の部分が安っぽく感じました。
鉛筆削りで削ると良いかもしれません。

 

prisma2

良かった点

  • コンパクトに収納できる
  • 入れ物の缶がレトロで良い感じ
  • 使用する色のレイヤーを取り出して使える
  • トレーに使用中の色鉛筆を置くスペースがある
  • 132色もあると使うのが楽しい

 

いまいちの点

  • 木の材質が安っぽい
  • もう少し柔らかいと良かった
  • 入れ物の底に色の粉が落ちていた

 

 

サンフォードプリズマカラー132色と
他の色鉛筆との比較

(比較中)

 

 

サンフォードプリズマカラー132色:まとめ

 

  1. サンフォードプリズマカラー132色の見かけのチェック(入れ物や鉛筆のキズなど)
  2. サンフォードプリズマカラー132色を使ってみた感じ
  3. サンフォードプリズマカラー132色のカラーチャート
  4. サンフォードプリズマカラー132色の良い点といまいちの点
  5. サンフォードプリズマカラー132色と他の色鉛筆との比較
  6. サンフォードプリズマカラー132色:まとめ

 

サンフォードのプリズマカラー132色の色鉛筆セットは、缶のへこみや欠けも少なく、色かぶりもなく、思ったより良いクオリティーの色鉛筆だったので、買って良かったです。

132色もあると使うのも楽しいし、お買い得感があります。結構いい買い物をしたと
思ってます。色数が多い色鉛筆でお得なものをお探しの方におすすめです。

 

以上、【おすすめ色鉛筆】サンフォードプリズマカラー132色を使ってみたの感想でした。

こちらの記事もおすすめ!