絵本

【おすすめ絵本100冊!】No.7 おちゃのじかんにきたとら

 

絵本大好きなGOMAねこです。

今回ご紹介する本は、



おちゃのじかんにきたとら
作・絵:ジュディス・カー 訳:晴海 耕平

という絵本です。

 

(英語版はこちら)


The Tiger Who Came to Tea

作・絵  Judith Kerr

 

ジュディス・カーさんの作品は、「ねこのモグシリーズ」が有名ですが、
私はこちらの「おちゃのじかんにきたとら」の方が好きです。

大きなトラがお茶のじかんにやってきて、お茶を飲んだりケーキを食べたりします。

とてもかわいらしい絵本です。

 

簡単なあらすじ

 

ある日 ソフィーがお母さんとキッチンでお茶を飲んでいると、

誰か訪ねてきました。 誰が来たのだろうとドアを開けると、

大きなトラでした。

「すいません、お腹がとてもすいていて、お茶をいただけないでしょうか?」

「いいですよ。どうぞ、お入りになってください。」

 

トラはキッチンのテーブルにつきました。

「サンドイッチはいかがですか?」とお母さんが言うと、トラはお皿の上のサンドイッチを

全部食べてしまいました。

 

まだおなかがすいているようだったので、ソフィーはバンをあげました。

トラはお皿のバンを全部食べてしまいました。

 

そして、テーブルの上の食べ物を全部食べてしまいました。

 

「お茶はいかがですか?」とソフィーが言うと、

トラはティーポットからお茶を全部のんでしまいました。

 

トラはキッチンを見渡して、ある食べ物は全部食べてしまい、飲み物も全部のんでしまいました。

 

そして、「お茶をありがとうございます。 そろそろおいとまします。」 と去っていきました。

 

夕飯もなくなってしまい、お父さんが帰ってきてみんなでカフェに食事に行きました。

 

次の日 ソフィーはお母さんと食品を買いにでかけました。

大きなトラ用のエサの缶詰めを買いました。

 

感想

 

トラがお茶にやってくるなんて、かわいいと思いました。

ジュディス・カーさんの童話が好きで、いくつか読んでいたのですが、
絵本も面白いです。

 

トラの絵がいいですね。 1968年にイギリスで出版されていて、いまだに世界中で読まれています。

古くならない素敵な絵本だと思います。

 

日本語版の新品のものが値段が高くなっているようです。

英語版の方が安くて在庫もありますので、英語の方で読まれるとよいかと思います。

Kindle版も出ています。

 

「おちゃのじかんにきたとら」(The Tiger who came to tea)はベストセラーの良い絵本です。

ぜひ読んでみてください。

 

以上、【おすすめ絵本100冊!】No.7 おちゃのじかんにきたとら のご紹介でした。