絵本

【おすすめ絵本100冊!】No.57 ロージーのおさんぽ

 

今回ご紹介したい本は、


ロージーのおさんぽ

作・絵:パット・ハッチンス 訳:渡辺 茂男

という絵本です。

 

めんどりが歩いている表紙の絵が素敵なので読んでみました。

文章が少ないですが、イラストが十分おもしろい内容を語っている絵本です。

 

 

簡単なあらすじ

めんどりのロージーが散歩にでかけます。

ロージーがお庭をすたこら歩いていると、きつねがあとからついてきます。

 

きつねが飛びかかろうとしますが、くまでにぶつかってしまいます。

ロージーは気づかず歩いていきます。

 

きつねはまたロージーにとびかかろうとします。

ロージーが池をぐるりとまわったので、きつねは池にどぼんと入ってしまいました。

 

ロージーがほしぐさの山をのぼっていきます。

きつねはほしぐさの山にはまってしましました。

 

ロージーは粉ひき小屋のまえや、ハチの巣箱の下をすたすた歩いています。

 

 

 

 

感想

文章が少なく、絵だけのページもあります。

絵だけで話のおもしろさを伝えているのがすごいと思いました。

 

めんどりのロージーがきつねにねらわれているのに全くきずかず、マイペースに歩いていくのがおもしろかったです。

細い線に色数が少なく色がついているイラストが素敵だと思いました。

ロージーの絵も模様が細かく描かれているのもおもしろいと思います。

1968年に出版された絵本ですが、古く感じませんでした。

 

著者のパット・ハッチンスさんは、イギリス人のイラストレーター、絵本作家です。

「ロージーのおさんぼ」は、ハッチンスさんの最初に出版された絵本だそうです。

他の著書に「ベーコン わすれちゃ だめよ!」「ティッチ」「おまたせクッキー」「ヒギンスさんととけい」などがあります。

1974年に「風がふいたら」(The Wind Blew)でケイト・グリーナウェイ賞を受賞しています。

 

3、4歳からのお子さんにおすすめです。

「ロージーのおさんぽ」をぜひ読んでみてください。

 

以上、【おすすめ絵本100冊!】No.57 ロージーのおさんぽのご紹介でした。

こちらの記事もおすすめ!