絵本

【おすすめ絵本100冊!】No.41 絵でわかる建物の歴史

 

絵本大好きイラストレーターのGOMAねこです。

今回ご紹介したい本は、


絵でわかる 建物の歴史
作:エドゥアルド・アルタルリバ、ベルタ・バルディ・イ・ミラ  訳:伊藤史織
監修:中島智章

という絵本です。

 

古代エジプトから現代の超高層ビル、未来の火星基地までが分かる絵本です。

かわいらしいカラーのイラストで、分かりやすいです。

文章はそれほど多くありませんが、この一冊で建物の歴史の流れが大まかに分かります。

知らなかったことも書いてあったので、勉強になりました。

子どもと一緒に大人も楽しめる絵本です。

 

絵本の内容

 

もくじ

  • はじめに
  • ピラミッド
  • 古代ギリシャ/パルテノン神殿
  • ビザンツ建築/ハギア・ソフィア大聖堂
  • ドームの世界
  • アンドレア・パラーディオ/ラ・ロトンダ
  • 日本家屋
  • 桂離宮
  • ヴァナキュラー建築
  • さまざまな住宅
  • 新たな時代の到来/クリスタル・パレス
  • アール・ヌーヴォー建築/サグラダ・ファミリア教会堂
  • アントニ・ガウディ
  • 建築と他のアートの出会い
  • ル・コルビジェ
  • 落水荘(らくすいそう)
  • 「現代住宅」の刷新
  • バルセロナ・パビリオン
  • ルードヴィヒ・ミース=ファン=デア=ローエ
  • 時代を象徴する建築物
  • 構造物
  • ますます高くなる建築物
  • ザハ・ハディド
  • 現代建築
  • 建築物の基本的な構成要素
  • 建築家の仕事とは?
  • 未来の建築
  • 火星での暮らし

 

 

 

感想

 

聞いた事があったけどよく分からないという建築物や建築家がのっていて、おもしろかったです。

世界の建築の歴史の流れが大まかに分かりました。

絵本なので子ども向けにつくられているのかと思いましたが、思ったよりも詳しく説明されていたので、なるほどと思いながら読みました。

古代ローマの都市計画や、建築家がもっとも大切にしているコンセプトなど、興味深いものがけっこうありました。

挿絵と図がクリーンな感じで分かりやすいです。

 

 

小学生でも読めるように、漢字には全部ふりがながふってあります。

子どもたちはもちろん、建築の初心者の方なども楽しめると思います。

 

建築の歴史が分かりやすい絵本になっている「絵でわかる建物の歴史」をぜひ読んでみてください。