絵本

【おすすめ絵本100冊!】No.35 でんしゃえほん

 

絵本大好きイラストレーターのGOMAねこです。

今回ご紹介したい本は、


でんしゃえほん
作・絵:井上洋介

という絵本です。

 

井上洋介さんの絵本で、まだ読んだことなかった「でんしゃえほん」を読んでみました。

文章がリズムがあって読み聞かせをするのによい絵本だと思います。

いろんな電車がでてきて、シュールな世界でおもしろい絵本です。

 

 

簡単なあらすじ

 

ゆっくり のんびり おさんぽでんしゃ でんしゃの おとは こつこつこつ

ひとりのりの ぜいたくでんしゃ ごとん ごととん

でこぼこせんろを でんしゃがはしる

かぶとむしでんしゃが ゴトン ゴトン

でんせんでんしゃが はしります

さんがいだての でんしゃは ながめがいいよ

えんとつたてて ラーメンでんしゃ

(まだまだつづきます)

 

 

感想

 

簡単には思いつかないような電車がたくさんでてきて、著者の発想力に驚かされます。

こんな電車あったらおもしろいと思います。

文章がリズムがあって、さらに楽しく感じました。

太い線の絵の具の絵柄があたたかみがあって、いいなあと思いました。

著者の井上洋介さんの作品はたくさんありますが、童話「くまの子ウーフ」の挿絵のカブトムシの絵などたいへん感激しました。白黒のイラストもいいです。

 

以前、絵本の原画展で、井上洋介さんの絵本「まがればまわりみち」の原画を拝見したのですが、独特の絵のスタイルで素晴らしいなあと思いました。

他の著書には「ぐるぐるえほん」「ぐるりかぜ」など多数あります。

 

「でんしゃえほん」は、2歳くらいのお子さんからおすすめです。

 

想像力をかきたてる「でんしゃえほん」をぜひ読んでみてください。

 

以上、【おすすめ絵本100冊!】No.35 でんしゃえほんのご紹介でした。

 

 

こちらの記事もおすすめ!