WordPress

ads.txtをエックスサーバーで簡単に設定する方法

g-ads2

ブログ初心者のGOMAねこです。

ads.txtというのが設定できたのでそのことをこの記事で描きたいと思います。

Goodleアドセンスを申請してOKのメールが来ました。
さっそくボダンをポチッと押したら、アドセンスのサイトのページが開いたのですが、
以下のような文章が、ページの上の方にでていてどうしようとあせってしまいました。

g-ads3

調べてみたら設定した方がいいような感じで、そして
けっこう簡単にできたので、その方法をご紹介したいと思います。

(エックスサーバーしか分かりません。)

 

ads.txtとは何か

ads.txtとは、広告不正や詐欺を防ぐための仕組みとのことのようです。

広告主さんが、ads.txtを確認して買い付けをすることにより、
不当に詐欺のサイトに広告費用を払わなくてもよいようなります。

またサイトのドメインの評価が下がって収益が低下することも防ぐそうです。

とにかく設定しておいた方がよさそうだと思いました。

 

ads.txtのエックスサーバーでの設定のしかた

エックスサーバーにログインしてサーバーパネルを開きます。

g-ads4

「ads.txt設定」というのをクリック

 

ドメイン名を選択し、タブの「ads.txt設定追加」をクリックします。

g-ads5

以下の情報を記入します。

広告システム google.com
サイト運営者ID pub-から始まる16ケタの番号
契約種別 DIRECT(自分が運営するブログならこれを選ぶ)
認証機関ID f08c47fec0942fa0(全員共通です)

全部記入したら、「確認画面へ進む」をクリック

これで設定完了です。

pub-から始まる16ケタの番号の調べ方:

googleアドセンスにログインして、

アカウント」>「アカウント情報」> 「サイト運営者ID」に

Pub-から始まる番号があります。

 

 

ads.txtのエックスサーバーでの設定のしかた:まとめ

 

  1. ads.txtとは何か
  2. ads.txtのエックスサーバーでの設定のしかた
  3. ads.txtのエックスサーバーでの設定のしかた:まとめ

 

Googleアドセンスのads.txtの設定は、エックスサーバーでとても簡単に設定できます。
「要注意」の文章を見つけたら、早めに設定しておくとよいです。

 

以上、Googleアドセンスads.txtをエックスサーバーで簡単に設定する方法の情報でした。